プログラミング言語の種類

 
この記事を書いている人 - WRITER -

プログラミング言語とは

プログラミング言語とはコンピュータプログラムを記述するための言語である。人間の使う言語(自然言語)よりも文法的には簡単であり、ニュアンスなどによって文法が変化したりなど曖昧な部分が少ないといえる。

プログラミング言語はパソコンと人間が会話するためのツールに近い。パソコンは精密であるため、人間より融通は聞きにくいが、正確に指示を伝えることで人間より正確にその動作をしてくれる。

プログラミング言語の種類

プログラミング言語には型があり、使用用途によって使い分けられる。しかし、言語によって型のハイブリット化が進んでいるために型を横断している言語も存在するため、境界はかなり曖昧である。

  1. 関数型
  2. オブジェクト指向型
  3. 手続き型
  4. 論理型

関数型

    関数型プログラミンは名前の通り関数の組み合わせでプログラムを解く。プログラムの中から状態の概念を排除して、数学的な関数の組み合わせで処理を行う。

    代表的な言語:Scala,Ocaml,Haskell など

    オブジェクト指向型

    モノを組み立てるように表現して、コンピュータを動作させていく。

    代表的な言語:Java,PHP,JavaScript

    手続き型(命令型)

    プログラムを上から逐次実行していき、動作させていくプログラミング言語。

    代表的な言語:C言語,BASIC,Pascal

    論理型

    プログラムに指示ではなく、「AはBである」といった定義を記載していくプログラミング手法。

    代表的な言語:Prolog,Coq,LiLFeS

    プログラムを扱ってみて

    いくつかの言語を私自身学習してきて、プログラミングをする上での根幹にある考え方があると思う。そのため、言語によって記載方法は違うが自然言語と同じようにどこか似ている部分があるように思う。そのうえで型という考え方があり、型が近いものは違った言語でもすんなり入っていきやすいように思う。

    この記事を書いている人 - WRITER -

    - Comments -

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    Copyright© Novuseed , 2020 All Rights Reserved.